スポンサードリンク



紫外線対策――イワシで!

 紫外線のきびしい季節。シミ対策にはCOQ10

 曇っても晴れても、突き抜けてくる紫外線。紫外線は肌のなかに
活性酸素を増やし、老化をうながし、シミをどんどん作ってしまいます。

 この活性酸素を取り除き、すぐさま無毒化してくれるのがCOQ10。
 ドイツの研究者によれば、目元のシワ改善や美白にも効果があるという
ことで、今日ではCOQ10を含む化粧品もたくさん出るようになりました。

 しかし、COQ10はイワシにも大量に入っています。
 1日30rとればいいので、イワシのマリネなどにしてちょっとずつ摂取。
 中からも紫外線対策をはかりましょう♪


 紫外線対策! COQ10をとるコツは

@ COQ10はビタミンCとEといっしょに
  ――より抗酸化パワーをUP。イワシのマリネにレモンをかけるとか♪


A イワシはなるべく生で
  ――COQ10は熱によって壊れやすいので、お刺身系がいいでしょう。
  加熱しないとイヤという人は内臓もとればCOQ10が補えますよ。

 






紫外線、アスファルトからも反射

 紫外線はアスファルトの照り返しからも

 アスファルトは意外に紫外線を反射します。
 直射光の紫外線よりもアスファルトやコンクリートから反射した
紫外線のほうが強いことが判明。
 また、池など水からも強く紫外線が反射するそうです。
 (芝生の上だとあまり反射せず3分の1ほど)

 また、日陰にも紫外線は届いているとのこと。
 日陰から日なたを見ている場合、紫外線はほとんどカット
できていないそうです。
 日陰にいて、さらに太陽に背をむけるといいようです。

 オゾン層が破壊されつつある現在、紫外線は皮膚の老化
シミ・しわの問題にとどまりません。
 わたしたちより皮膚ガンの発生率の高い白人社会では子どもたち
に日焼け止めをぬるよう強く指導しています。

 日傘や日焼けどめで徹底的に紫外線からカバー。
 日傘は黒っぽいもののほうが紫外線カット率が断然高いそうです。 






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。